読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あさえ がんばる

高校中退フリーター。資格をとって就職したい。現状は病んだり休職したり。

心がざわざわする

あさえです。

 

なんだか心がざわざわします。

 

心がざわざわする。

心がざわざわ。

他になんと表現したらいいのか。

私の貧困なボキャブラリーではなんとも表現しがたい。

ようやく見つけた答えが、心がざわざわする。

落ち着かない。やるべきことはある。やりたいこともある。

でも何にも手をつけられない。手を付けても中途半端で終わってしまう。

できていることもあるのにそっちを自分で認められない。

認識はできているけど、認められない。

できないこと、中途半端なことばかりに目がいって出来ない自分にざわざわ。

あれもしたこれもしたい、できない、やってないだけ

ざわざわ

あれもこれもって思ってるからだからざわつく。そういう部分があるのもわかってるのにやめられない。

ひとつずつ、目の前のものから片付ければいいの。ただ、それだけ。

なのに、できない。

やらない、できない。できない。

 

楽しいはずの事なのに、確かに楽しいのに

それなのにうまくすすめられない。すすめることに苦痛を感じたりする。

くるしい、くるしい。

 

そんなにたくさんのことでもない、期限が迫っているわけでもない。

だから焦らずゆっくり、少しずつ片付けていけばいいだけなのに。

それだけの事ができない。

できない。

 

できない自分に自己嫌悪。キライ。キライ。

ぽんこつな私。私がだめだから、だめすぎて、もう、もう。

 

なんてね、吐き出したところで何も変わらないかと思ったのだけれど、吐き出して文章にして、いや、こんなのまるで文章にもなっていないけれど。

私の中から出してネットの海に放って、手から離れていって

そうして眠って朝になれば何か変わるかなってほんの少しの期待を持っているのです。

だからごめんなさい、

こんな事しか書けない今日の私はポンコツだけれど、

きっと成長して少しでも成長して

まあもうちょっとマシな事が書けるようになるのかなと思っているのです。

 

だからね、吐き出す事だけを許して欲しい。

 

たぶん、少しだけ自由に書けなくなったことがつらいのかもしれない。

自由に書きたいなら書けばいいのにね

いろんなものに気を配りすぎているというような事は最近色んな人に言われる。

自覚もしてきた。

もっと自分を大切に。

自分を大切に。

いのちだいじに。

じぶんだいじに。

ドラクエみたいにできたらいいのに。

でも結局

めいれいさせろ

でやってたけど。

 

ふっふー♡

だれかめいれいしておくれ、なんてめいれいされても言うことは聞けないけれど。

 

結局自分できめなくちゃいけなくて、じぶんでちゃんとやらなくちゃ。

わたしは頑固だし、自分でやらなくちゃ、納得できなくちゃ前に進めない事もたくさんあるから。

 

じぶんで、ちゃんと、やる。

ときどき誰かを頼る。頼れる人を頼ろう。

人に頼ることは結構苦手なのです。苦手。弱みを見せたくない、弱い私だって知ったら幻滅されちゃうかもしれない、なんて思ってる。

相手を信頼していないわけじゃないのだけれど、でも、それでも、わたしはわたしを信用できない。

 

自分で自分を信用するために実績を積み重ねたいのだけれどなかなか難しいね。追い詰めれば出来るかと思っても、追い詰めたらできないこともある。

精神的にかなり消耗している部分がある自覚はあるけれど。違う、私は全然ひとりで立ててない。自立できてない。

ちょっとの出来事で動揺して、こんなふうにかき乱されている。なんでもないふりをして、なんでもないと自分でも思い込んで、それなのにどうしてもどうしても、けっきょく心がざわざわして、そうしてぜんぶぜんぶ、だめになる。

 

こうして吐き出したから、だからね、明日にはきっともうちょっとマシな私になっていますように。

夜に考え事はしちゃいけない。わかってる。

だから考えないで眠ろう。今日はもう、おやすみなさい。

 

 

おわり。