あさえ がんばる

高校中退フリーターでしたが、現在はフリーライターになりました

【つるフリ2期】田舎フリーランス養成講座を終えて

あさえです。

6月29日、田舎フリーランス養成講座の最終日でした。

少し時間が経ってしまいましたが、思ったこととか準備しておいてよかったものとか、記録に残しておきたいと思います。

f:id:emo0325:20180707115606j:plain

 

 

田舎フリーランス養成講座とは

株式会社Ponnufさんがやってる講座です。

 公式HP:田舎フリーランス養成講座

田舎で1ヶ月泊まり込み、フリーランスとして生きてる人からいろんなことを教えてもらえます。

響きが怪しすぎる。怪しいよー

いろんな知り合いが講師をやっていたり、関係者の人と仲良くなったり、2月にいなフリ開催中の千葉県いすみ市に遊びに行ったりのご縁で参加させてもらいました。

参加したのは山梨県都留市で6月に開催された回。

都留市での開催は今回が2回目ってことで、つるフリ2期生でした。

おとなになってから同期とか、そういう響きのグループに所属するのなんだか新鮮だったなぁ。

 

いなフリの持ち物

事前にFacebookのグループで持ち物について色々共有されてたのであんまり迷うことなく荷造りできたかなって思います。

最悪現地で買えばよかったしね。あとAmazon。

楽天もAmazonも基本頼めば1日で来る感じだったので超便利でした。

とりあえず

  • 持って行ってよかったもの
  • 持っていけばよかったもの

をメモしていきます。同じ失敗を繰り返さない……

 

持っていって良かったもの

絶対必須なパソコンとかはとりあえず置いておいて、持っていってよかったなーって思った小物とか日用品をあげていきます。

 

ビタミンのサプリメント

いつも飲んでるビタミンのサプリメント(チョコラBBとハイチオールC)を持っていきました。普段の旅行には持っていったり持っていかなかったりなんですが、1ヶ月だしなーと思って瓶ごと持参。

かさばるなーって思ってたんですが、持っていってよかったです。

普通に結構食事が乱れがちで、野菜をあんまり食べなかったのでビタミン全然足りてなかった。

普段と違う環境で飲み忘れたりするかな?とも思ったんですが、普通にちゃんと飲めました。

絶対肌ボロボロになるぞーっていう食生活だったけど、ギリギリで踏みとどまれたのはサプリのおかげだと思っています。

 

マイクロファイバーのバスタオル

バスタオルは必需品だったんですが、マイクロファイバーのタオルを購入して持っていって正解でした。

ちょうど6月が梅雨時でカラッと晴れる日が少なかったんです。

基本朝から夜までコワーキングスペースにいたので、晴れだって気づいても洗濯できるわけじゃなかったりもして……

だから、すぐ乾いてくれるマイクロファイバーのタオル重宝しまくりでした。最高。

タオルから生乾きのにおいすると超辛くない?私は辛い。

1ヶ月、度重なる部屋干しに耐えて生乾きのにおいをさせなかった優秀なタオルでした。

荷物の中でかさばらないのもとても良き。

 

www.moriasae.com

 

 

延長コード

コンセントの延長コード。シェアハウスで重宝しました。

コワーキングスペースには普通に常備してあったので必要なかったんですが、シェアハウスで普通に寝る時とかスマホ充電するのに必要でした。

個室でもコンセントがベッドのそばにあるとは限らないからね。

っていうか普通のビジホとかでもやたら不便な場所にしかコンセントないところあるよね。延長コード持参したらめっちゃ便利だ!!って今回の1ヶ月で気づいたんですが、普通の旅行で持っていくにはちょっとかさばるよね。

1ヶ月とかならかさばりに見合う働きをしてくれるなって思いました。

 

 

ドライヤー

どうしても風の強いドライヤーしか受け入れられなかったので持っていきました。

持っていってよかった……

いなフリ前に髪を15センチくらい切ってから参加したんですが、それでも肩よりちょっと下くらいの髪の長さなのでドライヤーの風量は大切なのです。

もともとシェアハウスにあったものと、2台あってよかったなって場面もあったので、やっぱり持っていってよかったです。

 

シャンプーとか洗顔料とかクレンジングとか

ちょっっっとだけこだわりがあったので持参しました。

ボディーソープも持っていけばよかった。現地で買いました。

 

マスク

ちょっとくらい部屋の空気が悪くてもよく眠れるアイテム。それがマスク。

普通にビジホとか泊まっても喉痛くなっちゃうので外泊ではマスク必須なんですが、今回も大活躍でした。

なんなら足りなくて途中で買ったり人からもらったりもした。

 

 

 

持っていけばよかったもの

現地で結局買ったものとか、あー失敗したなーって思ったものたち。

基本的に事前調査が不足していたのかなと思います。

 

ボディーソープ

むしろシャンプーとか他のものは持っていったのにボディーソープだけ持ってかなかったのか謎。ボディーソープは割となんでもOKだと思っていたんだけど、1ヶ月となるとそうでもないんだなぁというとが自覚できた。

 

 

パーカー的な羽織もの

寒かった!都留市、6月初旬寒いんですよ。

普通に3週目くらいまで夜とかめっちゃ寒かったです。4週目は暑かったけど。

薄い7分袖くらいの羽織は持ってたんだけどそれじゃ寒かった。

普通に暖かい羽織ほしかったです。

 

 

長袖のパジャマ

羽織と同じ理由。寝る時寒すぎた。6月とか暑くて眠れない心配しかしてなかったので、なんなら袖のないワンピースのパジャマとかだったから。

パジャマについては寒すぎて途中でしまむらで袖の長いのを買いました。

凍えて眠ると風邪ひきそうだったので。

気温については、どうせ暑い!と思って行ってたので確認不足だったなと思います。

 

 

いなフリに期待していたものと得られたもの

いなフリっていろんな人がいろんなものを期待して参加すると思うんです。

私が何を期待していたかっていうと1番は本当に生活習慣の改善でした。

とりあえず朝起きて夜寝る。日中に作業するっていう習慣が身につけばそれでよかったんです。

1日20時間とか寝ちゃう生活から脱したかった。

作業しようと思ってもだらけちゃうのをどうにかしたかった。

お昼じゃなくて朝起きれるようになりたかった。

そういう低い意識で参加していたので、何を教えてもらうとかでもなく、仲間が欲しいとかでもなく、目標金額とかもふわっとしたまま参加しました。

 

結果。6月中にライティングで得られたお仕事は38,000円分。

いなフリ中は毎朝7時半に起きて、夜もぐっすり眠り、お昼寝する日もあったけど、しっかりパソコンに向かって作業出来る日が多かったです。

いなフリ中に10万円とか、稼いじゃう人もたくさんいます。結構そういう目標の人も多いし。

でもふわっとしたまま参加して、日々の行動目標も全然達成できないよ~とか言いながら参加してたのにこの結果が出せたのはすごくよかったなって思います。

起きる時間については家に戻ってきてから完全に遅くなってますが、それでも10時とかには起きれてるので超成長です。

前まで10時に起きるとかめっちゃ早く起きる日だけだったから……

 

ライティングのお仕事も継続してもらった案件もあって、帰ってきてからもちゃんと作業できてます。

あと私、営業かけたりするのが超超苦手で自分からお仕事くださいって言えなくて。

だからクラウドソーシングとか絶対ムリだなーって思ってたんですが、1ヶ月強制力が働く場所で頑張ったら、ちゃんと提案とか送れるようになりました。

成長!

 

パソコンに向かって作業する習慣と、継続できるお仕事が得られたのが本当に良かったです。

 

あと、同期受講生といっぱいお話できて本当によかったです。

世の中にはいろんな人がいるなーっていうのを、多分平均よりは見てきていると思っていて、それでも偏りがあったなーって思える感じでした。

普通に生きてたら絶対遭遇しなかっただろうなーっていうレイヤーの違う人達とたくさん接して、1ヶ月毎日顔を合わせるのでちゃんと仲良くなって(なったよね?)、いろんなところに遊びに行く理由がまた増えてとっても嬉しいです。

いろんな人がいろんなことに悩みながら生きていて、でも基本的に近いところの人としか関わらないようにできていて、遠い人と関われる貴重な機会だったなって思います。

しかもオフ会でちょっと会う、とかじゃなくて1ヶ月一緒に過ごすからね。

 

ふわっとした動機で参加してて、私の状況的にもメンターめっちゃやりにくかったと思うんですが、1ヶ月、私に付き合ってくれたハリーさんにはとても感謝してます。

ありがとうございました。

 

 

「否定」が少ない環境

いなフリのステキだなって思えるところが「否定されることが少ない」ってところだと思うんです。

いい意味で「普通」にとらわれている人が少ないというか。「普通」に馴染めなかった人が多くて、だから、他人のやりたいこととかを全然否定しないんですよね。

「世界一周がしたい」って言うと

「いいね!」「やりなよ!」「めっちゃ良いよ!」って答えが返ってくる。

「将来外国に住みたい」っていう話には

「ビザってどうするの?」「あの国いいよね」「遊びに行くね!」って返ってくる。

「あんまり頑張れない」って言っても

「マイペースでやればいいよ」「30%~70%の間でやってれば大丈夫」とか。

 

「そんなの無理だよ」って優しさで言ってくれる人がいるのはわかってるんです。

でも、そういうのが辛かったり、普通に馴染もうとして辛かった経験がある人にとっては超優しくてステキな空間だなって思いました。

 

出来ることを認めあって、できないことを補い合えて、やりたいことを尊重しあえるってステキだなって。

それだけじゃ生きていけないっていう理屈もとってもよくわかるし、私自身そう思ってる部分もあるんだけど、それでも頭から否定されたりしないのってめっちゃいいなって思いました。

自己肯定感高まる感じで病んだ心に染みるんです。

いい人たちに囲まれていい1ヶ月が過ごせたなって思いました。

 

いつもと違う環境で新しい生きていく方法を身につける場所

いなフリ、いつも生きているのとは違う環境で、生きるための新しい方法を身につけられる場所だなって思いました。

与えられるものを受け取るんじゃなくて、自分で動いて自分で身につける感じ。

何もしなきゃ何も身につかないし、動くのは結局自分だけれど、そのための環境は用意してくれる。

環境によってパフォーマンスがかなり変わるタイプなので、いなフリは本当にいい場所でした。

 

講師も、受講生も、みんなにとてもたくさんお世話になりました。

良い1ヶ月を過ごせました。

本当にありがとう。これからもよろしくね。

おわり。

f:id:emo0325:20180707115346j:plain