読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あさえ がんばる

高校中退フリーター。資格をとって就職したい。現状は病んだり休職したり。

プリキュアの録画消化をしていたら夢を取り戻せた感がある

生きにくさ 日常

あさえです。

 

ニチアサ。好きです。なんか最近イマイチだなーと思ってても毎週録画になっているし、録画されているから

あ、見なきゃ

ってなる。見ちゃう。

 

 

以前はライダーがメインでその前のレンジャーと、プリキュアはおまけみたいな感じでした。とりあえず前後だから見とこ。みたいな。実家に居る頃は録画じゃやだからリアタイで見るんだ!って日曜日の朝からめっちゃ張り切って起きてました。

子供かって。

 

部活してた時期は部活があったので見てなかったんですけどね。高校生になってからニチアサ熱復活しました。

 

 

さて。最近のメインがプリキュアに移りつつあります。

今のプリキュアはプリンセスプリキュア。お話の展開的にも時期的にもおそらくもうそろそろ終わりに近づいているかと思います。

夢を追いかける女の子のお話です。

今日録画消化したのは主人公のピンクが絶望から夢に向かって立ち上がったりするあたりから。最新話まで。

それぞれの夢について深く掘り下げていっている流れ。

黄色の子がね、モデルなんですよ。最初プリキュアにスカウトされた時も

私モデルに100%注ぎたいからそういうのやらない!

って言って断っちゃった子。何だかんだあってプリキュアとモデルを両立しながら忙しくやってたんですよね。

そうしたら、世界に羽ばたくチャンスの飛行機に乗るのか、後輩を敵から救うのか!!みたいな選択を迫られるんです。夢か、プリキュアか。

次の飛行機乗ればいいじゃん……とかそういう問題ではないらしい。

プリキュアをとった彼女は、中途半端になるからとモデルはもう辞める!

とか言っちゃうわけです。2話に渡って黄色の子メインの話になります。

 

みんなでキララちゃん(黄色の子)のためにあれやこれやするんですよね。本当はモデルの仕事も好きなんでしょ?頑張ろうよ!って。本当にあれこれしてくれる。その中で過去に出てきた同級生たちの夢とかも見れたりするんですがなんていうか若いっていいなーって。すごいなーって思ったりとか、すごいキラキラだなーとか。ほんとなんかまじで。なんとも言えない気分になるやつよ。

結局春からフランスに行く事になったキララちゃん。それまでにプリキュアとしての使命を全うしなきゃね!とかってめっちゃ明るい。パワフル。

仕事もしながらプリキュアもするよ!だってどっちも大好き!

強がって、でも揺らいでいるキララちゃんに対して、まっすぐぶつかっていくハルカ(ピンクの子)。

やっぱり主人公だなーって感じです。

 

今週は青の子。ミナミさんのお話でした。社長令嬢なミナミさん。将来の夢は親の会社のグループの一員になって活躍すること。でもちょっと最近あるきっかけがあって獣医さんも気になっちゃう……って揺らぎます。

この子たちまだ中学生だからね、そんなの普通に揺らぐよね。でもミナミさん、強がってなんでもないわ、大丈夫。って悩んでることをみんなに隠します。

でもやっぱりいつもと違うミナミさんを心配するプリキュアの仲間たち。

夢が揺らぐと変身したあともパワーダウンしてしまいます。彼女達は夢の力で戦っているのです。

なんか結局ね、こう。本当は獣医さんになりたかったの、もう私の気持ちは決まってたのってなります。来週は両親に話すにあたってどうしようううううみたいな話の模様。まだまだ続くよミナミさんのターン。

 

なんかそういう夢に向かう話を見て、私の夢ってなんだっけって思ったのです。

パティシエになりたかった時もありました。なれなくないけど、待遇がヤバイと聞いて諦めました。

小説家になりたかった時もありました。13歳のハローワークで、刑務所にはいっても書けるんだからとりあえず他の職業を目指せって書いてありました。諦めました。

 

一番リアルに考えていて目指していたのが薬剤師でした。

高校1年の頃までは偏差値的にも十分狙えるところでして。

薬剤師を目指した理由?自分の学力がそれなりにあって、でも医者や看護師は激務だから。薬剤師ならそこそこ高給取りになりつつ、自分の時間がとれそうだったから。

その自分の時間で何をしたかったかって?楽器をしたかった。クラリネットを吹きたかった。

本当は音楽で食べていきたかったのです。それがいかに狭い、困難な道かなんていうのは小学生でもわかりました。

だから、趣味で続けるためにそこそこ給料もありつつ、時間もある職業につく必要があったのです。

姉の症状をよくできるかもしれないとか、自分のアレルギーを改善できるようになるかもしれない。なんていうのはあとから出てきた理由でした。

 

つまりね、私がやりたいことって、音楽なわけです。

 

あれ、これって今でもできるんじゃなかろうか。いや、そう思って実は数年前に楽器を購入しました。クラリネットは無理だったので妥協してリコーダー。

妥協点がリコーダーってなんだべ。って今なら思うんだけど。

結局ですね、賃貸のマンションでリコーダーを吹く無謀さに気付いてタンスの肥やしになっています。

 

クラリネットが好き。ソロでやるのも、みんなでやるのも好きだった。

特にみんなでやって、音が膨らんでいって、倍音が聞こえたりするのも好きだった。

 

 

でもね、自分でクラリネット買って維持しようと思うとね、お金がね、かかるんですよ。やっぱり今は無理なわけですよ。維持できない。吹く場所もない。

困る。

 

 

ほしい……でも買っても吹けない……困った……っていうか本体すら高くて買えない……

 

つまりやっぱり資格をとって脱フリーターして、そこそこ高所得、かつ時間に融通のきく職業につかねばならぬのです。

 

 

クラリネットへの未練はAmazonでポチったリコーダーが手元に届いた時点で断ち切れたと思っていました。

全然違ってました。今でもずっと音楽が好き。せめて、カラオケ行って歌う。これはホント結構ストレス発散できちゃう。やっぱり音楽が好き。

中でもクラリネットを吹くのが一等好き。

 

やっぱり諦めちゃだめでした。もう一度目指します。

敵キャラが言いました。

夢はまたお前を追い詰めるぞ!

ハルカは言います。

それでもいい!

 

みんなが居たから立ち上がれる私がいるの。

 

ああああ素敵だなあああプリキュア。頑張る女の子たちの話。

そして敵キャラの言葉が結構どのシーズンでもこころに刺さる。今回の夢テーマだと最近特にグサグサきます。

 

 

大人にこそおすすめしたい、プリキュア大きなお友達もっと増えてくれてもいいのよ?そうしたら私も映画館に行けるかな……

 

おわり。