あさえ がんばる

高校中退フリーター。資格をとって就職したい。現状は病んだり休職したり。

おすすめ文房具を語る~ボールペン編

f:id:emo0325:20161106144422j:plain

出典:ノック式エナージェル限定ネコ柄|特集|ぺんてる株式会社

 

あさえです。

 

文房具で一番好きなのはボールペンです!!!!

 

社会人になるとシャープペンや鉛筆よりもボールペンを使って文字を書く事が増えますね。
ボールペンは沢山種類があるのでとりあえず安いものを使っている人から、こだわりがあって使っている人、流行りの物を使っている人……

今までいろんな種類のボールペンを使ってきましたがその中でも自信をもっておすすめ出来るものを紹介します。
替芯の互換性の話をし始めるとめっちゃ長くなるので本体とリフィルは同じものを使う前提で書きます。
(我慢できないので言わせて頂くとシグノ・ジェスト・サラサ・エナージェルの単色ノックは互換性あります)

水性ボールペン

水性、というかゲルインク系。
水性・油性・ゲルインクと分けられることも多いですが、油性か水性かで言うと、ゲルインクは水性インクです。っていうかゲルインク系だけあえてわける意味とは……

 

シグノRT1【三菱鉛筆】

 

なんといっても水性ボールペンでの一押しはコレ。
なめらかな書き心地、途切れない細い線、最後まで使いきれるインク。

このボールペンで字を書くとなんとなーく、字が上手に書ける気がしています。

シグノの極細シリーズが好きで愛用していてこれも普通におすすめなのですが、(

三菱鉛筆 ゲルボールペン ユニボールシグノ超極細0.28mm UM-151-28 黒 24

RT1はよりなめらかに書けるようにチップ、インクの改良がされています。

0.28か、0.38がおすすめ。

後述のSARASAだと滑り過ぎる人には最高だと思う。

SARASA【ゼブラ】

人気のSARASA。
魅力は発色の良さと書き心地。
するするっとした書き味は他ではなかなか味わえないもので、一度使うとやっぱりSARASAじゃなくっちゃ!って人が多い感じがします。
お手頃価格も魅力のひとつ。
カラーバリエーションが豊富で、どれもとても綺麗に発色するのでお気に入りの色を見つけてりぴーとしちゃいましょう


ボール径は0.3からありますがサラサの書き心地を体感するならやっぱり0.5以上の太さがおすすめ


シグノだと硬いんだよねって人はSARASAが間違いない。

エナージェル【ぺんてる】

水性の染料系インクなので魅力はやっぱりインクの乾きの早さ。
水性ボールペンはどうしても乾くのに少し時間がかかって、手で擦ってしまって汚れてしまうことが多いですが、エナージェルは乾くのが早いので汚れにくいです。
ただし染料なので水には弱いです。

そして個人的にエナージェルを押している理由が
限定のねこ柄!


めっちゃかわいいー!!
限定にも猫にも弱い私。即買いしました。


軸が可愛いと突然テンションが上がります。
ぐうかわ。
エナージェルはインクのカラーバリエーションがあまりない(黒・赤・青のみ)のですが、普段使いする分には3色あれば十分ですよね。

オフィスに1本あると猫ちゃんと一緒に仕事ができてきっと癒しになります。
(ただし猫軸は限定品なので徐々に入手困難になっていきます。ざっとググった感じ、まだアマゾンでも楽天でも買えるみたいです)

 

 

油性

考えが古いのかもしれませんが、私、正式書類に水性ボールペンを使うのは邪道だと思うんです。
大切な書類、あて名書き、履歴書etc.
最近は水性でも許されるのかもしれない……でもやっぱり油性で書いてほしい時だってあるのです。

ジェットストリーム【三菱鉛筆】

通称なめらか系ボールペン
油性なのに水性のようななめらかな書き心地のボールペン。
なめらか系のパイオニア、かつ代表としてコンビニでも多く売られているのがジェットストリームです。

使っている方も多いかと思います。
私もジェスト愛用中です。

なめらかな書き心地、ほどよいインクのり、インクだまりができないペン先、油性独特のストレスから解消してくれて、かつ油性らしい色合いも失わない。
このボールペンとの出会いは衝撃でした。

私は好き過ぎて多色プライム使ってますが、普段使いする分には普通のジェストで十分かなって思います。

0.38はさすがに少しペン先にインクが溜まる印象。

個人的には0.5か0.7が好きです。

 

アクロボール【パイロット】

なめらか系は何種類か出ていますが、ジェストともう一本選ぶならアクロボールです。
何といっても色が濃い!
書き心地、インク共にジェストより少し従来の油性的な感じがするかなって思います。
ジェストだと滑り過ぎるって人に試してほしい1本。
アクロボールで特徴的なのはグリップ。
特許を取得しているらしいこのグリップ。タイヤパータンというでこぼこが付いていて、微妙にくびれてるんですよね。
これが本当に握りやすい。
私は筆圧が強くてグリップが滑ってしまってダメになることも多いのですが、アクロボールはそれがない。
これは一度手にとって握ってみてほしいボールペンです。

 

オプト【パイロット】

ジェットストリームに出会う前の愛用油性ボールペンです。
なめらか系ボールペンじゃない油性ボールペンでのお勧めは断トツオプトですね。

通常時の軸の種類の豊富さはもちろん、限定軸も多く発売されているので軸を選ぶ楽しみがあります。
選びきれずに何本も買うのが私です。

魅力は見た目だけじゃなくって、オプトは芯が長い、つまりインク量が多いんです。
ゲルインクや、なめらか系のボールペンはインクの減りが早いですよね。
ジェットストリームの替え芯がコンビニに売っているのを見た時はびっくりましたが、それだけよく使われていて、かつ、インクの減りが早いって事。
オプトは油性ボールペンなのでインクの減りが極端に早いってことはないのに、それなのに芯も長い!
1本の芯でたくさん書けて経済的。


書き味も油性ボールペンにしてはなめらかで、強めの筆圧でゴリゴリ書ける感じがお気に入りです。
インクがペン先に溜まることもあまりなく、なめらか系程ではないにしろ油性ボールペンの欠点をかなりカバーしたボールペンだと思います。

 

まとめ

ボールペンなんてどれも同じ!って人にこそ、お気に入りの一本を見つけて長く愛用してもらえればいいなーって思っています。

100円200円程度で買えるものばかりなのでぜひ軽い気持ちで試してみてください!

 

 

おわり