読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あさえ がんばる

高校中退フリーター。資格をとって就職したい。現状は病んだり休職したり。

自分の中でたぎったものを文章に消化するタイミングが難しい

あさえです。

 

今日のブログは何を書こうかなーって結構毎日考えます。

今日はこれを書こう!って決まってる日は結構良い日です。それについて考えたりする時間もあるし。すらすら文章にできると気分もいい。

 

 

今日は良かったなぁって思って1日を終えられます。

そういう日じゃない時は、そろそろ今日のブログかかなきゃなー、何書こうかなーってなった時に他の方のブログを見たりtwitterを見たりして刺激を受けて書いたり、下書きに入っているネタでピンとくるものを書いたりします。

結構色んな刺激が受けられて、いつもは見ないようなものを見たりするとわくわくします。基本的に好奇心は旺盛な方です。

 

 

色んな日がありますが、今日はその下書きを色々触ってはまた保存し直すって事を結構繰り返しました。

 

書きたいネタはあるんですよ。ただ、うまく文章に消化できないものとかが多くって。それについてのインプットが足りないとか、私の語彙が足りないとか色んな原因はあるんですが、そのうちのひとつがタイトルに書いた、タイミングかなと思うんです。

 

うおおおおこれについてブログにしたいいいいいいい

文章にしたいいいいいいい

 

とたぎった瞬間。自分の中で燃えている瞬間。そういう時に文章にできる時もあるんですが、どうにも熱が強すぎたり、たぎりすぎてて文章にできない時があります。っていうかそういう時が結構多いです。

その時はtwitterに吐き出したりとか、うおおおおおおおっていう気持ちをそのままとりあえず書いて下書きにしておいたりするんです。

で、ちょっと落ち着いてからまとめよう。となるんですがそのちょっと落ち着いてからっていうのが難しい。

 

ちょっとどころか落ち着きすぎてしまって、逆にその時の気持をうまく文章にできなくなってしまうんです。継続的にやっている事(勉強とか筋トレとか)であればいつ書いても、その時の気持が書けるので問題ないのですが、たとえば誰かに会った時に思ったこととか、何か特別なものを見て思ったことだとかについてはその時に燃え盛ったものが素晴らしければ素晴らしいほど、貴重であればあるほど、燃え尽きたあとに残るものが少なすぎて文章に消化できるものがなくなってしまうというか。

うまく表現できない。これは語彙力と表現力の問題です。

とにかく燃えカスと、その燃えていた時に吐き出した熱を前に今の私に何ができるのかを考えて固まってしまって、またその燃えカスを下書きに戻してしまうのです。

 

 

そんな事を思いながら今日のブログを書いて、明日はその燃えカスとどう向き合おうか検討中です。写真見たり動画見たりライン見たりその時のtwitter見たりしたらまた何か変わるかな。やっぱり燃えているうちに書いてしまわなくちゃだめですね。

うおおおおっていう気持ちのまま、まとまらない文章でもいいからとにかく書いて、そうしてまたあとから何か思うことがあれば別にブログに書けばいいわけで。

せっかく燃えているものがあるならそのうちに形にしてしまわないと忘れてしまうんだなって思いました。

 

時間の経過はおそろしいですね。夢に見たりするくらいに大切なことでも時間が経過してしまえば、鮮明に思い出すことができなくなったり、その時の気持ちをうまく思い出せなくなったりして。

悲しいなぁ。そうして忘れられていく私の人生のかけらをこうしてブログに残しておいてこの先の私に残しておければいいなと思いました。

 

 

おわり。